節約×株主優待×不動産投資でセミリタイアしたブログ

ゆうおお!(=優待大家の今日も勇往邁進!の略)

読んだ本

石原博光著『頼れる! 海外資産』を読んだ感想

投稿日:


『頼れる! 海外資産』はある意味『金持ち父さん』へのアンサー本か

多くの不動産投資家が影響を受けた本として挙げる
『金持ち父さん、貧乏父さん』。
頑張って働いて給料収入を得るだけでなく
資産収入も得ることの大切さを説いており
とりわけ、不動産から家賃収入を得ることを勧めています。

『金持ち父さん』を読んで、こう思ったかたもいるのでは。
「これってアメリカの不動産の話だから、日本でどうすりゃいいのか」
そこは色んな本を読んでください。

一方で『金持ち父さん』をきっかけに「アメリカでの不動産投資」というものに、
ほのかな興味を持った方も一定数いるのではと。
そんな方におすすめなのが、こちら。
20170124114158.jpg

「日本で不動産投資リテラシーを身に着けた投資家が
実際にアメリカ進出して不動産投資を行ったらこうなった」
という、石原博光さんの『頼れる! 海外資産』なのです。
ご著書を恵贈いただいたのでレビューとなります。

最初からクライマックス。50万ドル投じてグリーンカードゲット

アメリカには「100万ドル投資してくれたらグリーンカードあげる」
という制度があるんですって。
つまり、グリーンカードを取得しようと思ったら
日本円で1億2千万くらい用意してアメリカの事業に
投資しないといけないのです。
それが「半額キャンペーンで50万ドルでOK」
という耳寄り情報をゲットしたところから
お話が動き出します。
それでも5000万円。大金です。
日本人がグリーンカードを取得するための
情報がネットにほとんど無いなか手探りで
これだけのお金を託すのはまさに身を切るが如きでして
このあたりの著者の覚悟完了感や心情が語られております

その後けっこうな時間をかけて首尾良く
グリーンカードをゲットした著者が
日本との習慣の違いに戸惑いながらも
どう乗り越えて、どんな知見を得ながら
規模を拡大していくのか。
奮闘の様子は是非とも本書でご確認ください。

実際にアメリカ不動産投資をする予定が無い方でも
一読の価値アリです。

屍累々と聞き及んでいるデトロイト投資と
石原氏が目をつけたベーカーズフィールドの
違いは何なのか。といった視点から
読み進めても良いのではないでしょうか。
100万ドル投じないと分からない経験や
見えない景色を、
わずか1500円でシェアしてくれるのが
書籍の良いところです。
読むと「アメリカでの戸建て投資、いいかも」
と思えてきます。

AD

AD

↓↓↓クリックで応援お願いします(期間限定)↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
関連コンテンツ
WAVE出版から発売中。ブラック労働で消耗する前に読む本。

-読んだ本

Copyright© ゆうおお!(=優待大家の今日も勇往邁進!の略) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.