ガジェット・便利グッズ

充電不要だからずっと身につける。MISFITの新ウェアラブル製品発表会に参加 #プレカン

投稿日:2015年11月25日 更新日:

MSIFIT(ミスフィット)の新製品はSHINE(シャイン)の正統進化

 

IMG_7089.JPG
ウェアラブルデバイスでおなじみのMISFITの新製品発表会に参加しました。

 

僕クラスの情弱ともなるとウェアラブルデバイスと
言われてもピンとこないのですが
日本語で言うならば活動量計で、例えばこんな感じの装置を
【日本正規代理店品】 MISFIT WEARABLE アクティビティモニター + スポーツバンド Jet SH0BZ

装着して日々を過ごしていると歩数や睡眠時間といった
アクティビティを記録してくれるナイスガイです。

本日のプレゼンターはMISFITの田中氏。

IMG_7102.JPG
Eye-Fiの田中氏としてもお馴染んでいるそうです。

アマゾンレビューから読み解くウェアラブルデバイスの3大不満

MISFITでは製品開発にあたり可能な限り各国のアマゾンレビューから
ウェアラブルデバイスの不満を洗い出したそうです。
その結果、
・充電が面倒くさい。
・防水じゃないので外すのがうざい。
・ダサくて付けたくない

 

だいたいこの3つに集約されるので、
これを解決するデバイスとして

MSIFITが開発したSHINEが同社の代表的なプロダクトであります。

IMG_7096.JPG

そのスタイリッシュさから
様々なアクセサリパーツが用意されたり、
他業種とのコラボを行っているのが
他のウェアラブルデバイスにはない差別化ポイントとなっています。

IMG_7101.JPG

 

豆知識。MISFITの社名の由来は

MISFITのスタイリッシュさはどことなくAPPLEとの
親和性の高さを感じるところでありますが
ちょっとしたエピソードがあります。

社名の「MISFIT」は日本語で言えば「社会不適合者」という
わりとご乱心なネーミング。
これはAPPLEのCMで使われたフレーズに由来しており
MISFITの創業日が奇しくもスティーブ・ジョブズの命日となった10月5日であり
「このまま一生、砂糖水を売りつづけるのか、それとも世界を変えるチャンスをつかみたいか。
の名言でジョブズがペプシ社から引き抜いてきた、
アップル出身のジョン・スカリー氏がMISFITの創業者の中のひとりなのです。

MISFIT、腕時計のFOSSILに買収される

そんな同社のスタイリッシュさが、腕時計好きにお馴染みの
Fossilの目に止まり320億円で買収されております。
ITのスタートアップの買収金額としてはかなり大規模でして
MSIFITは現在、Fossilのウェアラブル部門という位置づけになっております。

テクノロジーとファッションの融合が加速しているのであります!

 

コラボが得意なMISFIT。あんな企業ともコラボも。

一業種一社のポリシーのもと、様々なコラボを手掛けるMISFIT
コカ・コーラとコラボした「コカ・コーラレッド」モデルのほか、
好評だったモデルとして、あのスワロフスキーとコラボしたSINEがあります。

IMG_7105.JPG

プロモーションビデオはスワロフスキーサイドが作成。
MISFITのテクノロジーをまずはコラボ先へ提供するスタイルで開発するそうです。

IMG_7107.JPG

このキラキラしたのがウェアラブルデバイスだと誰が気が付きましょうか
いや気がつかない(反語)

IMG_7108.JPG

他にはスイムウェアのSPEEDとコラボも

IMG_7109.JPG

色々な泳ぎ方をセンサーで検知して
ターンや泳いだ距離をカウントできます。
これは結構すごいことで研究の賜物です。

IMG_7110.JPG

これは50m防水に対応しているSHINEだからなせる技で
廉価版に相当する「FLASH」の30m防水だと
あくまで「生活防水」レベルで
激しく泳いだり、強くシャワーを浴びると
故障の原因となります。知りませんでした。
「30m潜っていいんだったら余裕じゃん」
とついつい思いがちですが、気をつけましょう。

アクティビティモニターSHINEが正統進化してSHINE2になるぞ

今回の目玉、新商品のSHINE2。

IMG_7113.JPG
MISFITでは
活動をただ記録するだけのデバイスを
ウェアラブル1.0

能動的に何かを発信する
ウェアラブル2.0
と定義。

SHINE2はウェアラブル2.0の先鞭をつけるべく
主な進化として
タッチセンサー強化で操作性アップ。
1600万色LEDで表現強化。
バイブレーション機能で、目視不要でコマンド受付がわかる
などがあります。

充電不要で6ヶ月動くって凄いよね→そこにバイブも追加しよう→え?

MSIFITの製品のウリが充電不要。
内臓の電池で6ヶ月稼働する点で
FOSSILが買収した決め手もここにあります。

IMG_7115.JPG

充電不要なデバイスにバイブレーションを追加して
6ヶ月稼働は妥協しないというのは技術的にかなり難しいわけで
バイブレーションの開発には2年の歳月がかかっております

今回発表されたSHINE2には世界初となるモジュールも搭載しており
それでいて前作より薄くなっているというので驚きです。
(直径は一回り大きくなりました)

IMG_7114.JPG

SHINE2ではどんなコラボが展開されるのか、今から楽しみですね。

現行モデルSHINEをモニター用に提供いただきました

ブログレビュー用として現行モデルのSHINEを提供いただきました。

IMG_7090.JPG

中はこんな感じで第一印象は
大きめのメントスがクリリンを殺された怒りで目覚めたかのようです。
この中にテクノロジーが詰まっているのです!

IMG_7092.JPG

真に重要なのはハードではなく、ユーザーエクスペリエンスであり

それを体現するアプリ「MISFITLINK」が用意されており
なんか色々出来るようなので
その実力をこれから体験していきたいと思います。

#misfit の活動量計 shineを装着しました。これで無職でもシャインです。

優待大家さん(@yuutaiooya)が投稿した写真 -

 

AD

AD

-ガジェット・便利グッズ
-

Copyright© 優待大家の今日も勇往邁進! , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.